いまさら聞けない歯科医院の集客の仕方 ≪新患・基本編≫

いつも混んでいて、新規の患者さんが絶えない歯科医院ってありますよね。このような歯科がどのように新規患者を集客してるかご存知ですか。

じつは行列のできる歯科医院はホームページを上手に使って、集客をしています。

今回は歯科医院の集客の仕方の基礎を具体的に説明させていただきます。

※ 記事は随時追加していきます。

歯科集客の基本

歯科の集客には大きく分けて2つの方法があります。まず第1に一度来ていただいた患者さんにまた来てもらう。すでにあなたの歯科医院の患者さんになっている方々で、これを既存患者と呼びます。

既存患者に再度来院していただくには、良いサービス、親切な対応、適切な治療、定期健診の告知などが必要になります。既存患者に再来院してもらえるかどうかは、あなたやスタッフの日々の努力によるところが大きくなります。

第2に新しい患者さんに来院してもらうこと。歯科を経営していく上で、新しい患者さんに来てもらえるようになるということはとても大切なことです。なぜなら既存患者は必ず一定の割合で来院しなくなります。ですので、常に新しい患者さんが来るように集客をできなければ、あなたの歯科は経営が成り立たなくなってしまいます。

集客には、以上の2種類があります。「既存患者に再来院してもらえるように努力すること」そして「新規の患者さんに来院してもらうこと」。どちらの集客も歯科にとても重要です。両方が噛みあって初めて、行列のできる歯科医院が誕生します。

とは言ってもすべての患者さんは最初は新患な訳です。ですので新規の患者さんに来てもらうということは絶対にかかせないことです。

「うちはサービスや治療に自信があるのに、新しい患者さんが集まらない」「歯科医院を開業したてで集客ができない」「2階以上の物件を借りてしまったり、立地が悪く新患が集まらない」など悩みを抱える歯科も多いようです。そこで今回は新患の集客についてお話をします。

患者は歯科をどのように選んでいるのか?

すべての患者さんはまずは新患として来院します。ですので新患を集客することは歯科医院にとって、最優先すべき事項です。

では患者さんはどのように歯科を選んでいるのでしょうか?

一昔前までは「看板を見て飛び込み」か「知人の紹介」「タウンページ」が歯科の選び方としてほぼ100%を占めていました。でも今は違います。地域などによっても異なりますが、歯科を決める要因として紹介が3割で、インターネットが7割です。

ほとんどの人はインターネットでホームページを見て、どの歯科にするかを決めています。

歯科が新患を集客するのになぜホームページなのか?

先ほどもお伝えした通り、実際に約7割の人が歯科のホームページを見比べて、どこに予約をするか決めています。あなたの歯科医院がこれらの患者さんに「選ばれるか」「選ばれないか」はホームページだけで決まってしまうということです。

どんなに先生の腕が良くても、どんなにサービスが良くても、どんなに内装がオシャレでステキでも、ホームページがなければあなたの歯科医院のよさを伝えることができません。ホームページで歯科を選ぶ患者さんにとっては、ホームページを持っていない歯科というのは選考対象外なのです。

歯科にとって新規の患者さんを集客するためにホームページがとても重要なファクターだということはわかっていただけたと思います。

ページ上部へ戻る